トップページお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせ会員登録カートの中
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

一歩上の色の組み合わせ

私がパーソナルカラー診断したクライアントの方々にはベストカラーで最高の組み合わせの方法をお伝えしていますが、皆さんの中にはまだベストカラーを知らない方もおられます

そこで、ベストカラーを知らなくても一歩上の組み合わせの方法をお伝えしたいと思います(似合う似合わないは別の話になります)。

色には青のたくさん入った冷たい感じの色と黄色のたくさん入った暖かい感じの色の大きく2つに分かれます

一歩上の組み合わせでは、この冷たい感じの色同士、暖かい感じの色同士で組み合わせる事が良いのです。次の図はその一例です

配色1

この図の各組合わせの説明をしますと、右側が冷たい感じの色同士の組み合わせ、左側が暖かい感じの色同士の組み合わせになります。イメージは右上がやさしい感じ、右下がシャープな感じ、左上がナチュラルな感じ、左下がクラシックな感じです。

各組合わせはイメージがしやすいですよね。

ではなぜこの組み合わせが良いのか、あまり良くない例を見ながら説明します

次の図を見て下さい

配色比較1

上側真ん中の色が基準の色(暖かい感じの色)です。下側の各組合わせの左側の色は基準の色と同じ色です。左下の組み合わせは暖かい感じ(茶色)の色を組み合わせた場合、すなわち、暖かい感じの色同士の組み合わせです。右下の組み合わせは冷たい感じの色(黒)を組み合わせた場合、すなわち暖かい感じと冷たい感じの色の組み合わせです。

この図で左下の組み合わせは基準の色に比べ、隣り合った茶色のおかげで左側の色はしっとりと美しい色に見えます。右下の色は基準の色に比べ、隣り合った黒色のせいで左側の色は色あせて品のない色に見えます。

実はこれ、目の錯覚なのです。

な〜んだ、目の錯覚か・・・とあなどってはいけません。他人からは常にこんなイメージで見られているのです。

どうせなら、良い目の錯覚を見せたいですよね。

そうするには、暖かい感じの色同士、冷たい感じの色同士で組み合わせれば、良くない目の錯覚はとりあえず避けられます。この原理を用いたものがパーソナルカラーなのです

詳しい原理のお話しをすると、頭痛がする方がおられるかもしれませんので、このあたりにしておきます。簡単に配色のセンスよく見せるには、暖かい感じの色同士の組み合わせ、冷たい感じ同士の組み合わせ・・・参考にしてみて下さい。

商品検索
キーワード

 

QR スマートフォン

 スマートフォン用 
ページ

QR 携帯

携帯用ページ 


Fluorite

Facebookページも宣伝

ネットショップ・オーナー RapidSSL Site Seal