トップページお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせ会員登録カートの中
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

手作り石鹸の作り方について

手作り石鹸材料キットについて

よく他のサイトや書籍などで油脂から作る石鹸を紹介されていますが、当店で

油脂から手作り石鹸を作るキットはないの?

と思われるかもしれません。当店では、お客様に安全に手作り石鹸を楽しんでいただきたいという
思いから、現在のキットの形式を取っております。そこに至った理由は次の通りです。


石鹸を作る方法には次の表の様な作り方と問題点があります。

石鹸製造方法 詳細説明 問題点
鹸化法 コールドプロセス 油脂にアルカリ剤を混ぜて石鹸を作る方法出来上がった石鹸にはグリセリンが残るので、しっとりとした石鹸になる
コールドプロセス、ホットプロセスの違いは、製造過程において石鹸の反応を促進させるために熱を加えるか加えないかの違い
・アルカリ剤を使うので製造中に危険を伴う
ホットプロセス
中和法 油脂を分解して脂肪酸を取りだし、アルカリ剤と反応させて石鹸を作る方法 ・アルカリ剤を使うので製造中に危険を伴う
メルト・アンドポア法 MPソープやクリアソープなどと呼ばれる透明な石鹸を湯煎や電子レンジで溶かして作る方法 ・MPソープやクリアソープに合成界面活性剤の成分が含まれていることが多い
リバッチ法 すでに出来上がっている石鹸をつぶして他の素材などを混ぜ、石鹸をリメイクする方法 ・きれいな形に仕上がりにくい


鹸化法、中和法について

材料にアルカリ剤(苛性ソーダ、苛性カリ)を使うため、

1)製造過程で薬品に手や肌、目に触れないよう細心の注意を払わなくてはなりません。
2)アルカリ剤(苛性ソーダや苛性カリ)は薬事法で劇物に指定されている危険な薬品です
(薬局での購入に印鑑が必要)
3)アルカリ剤(苛性ソーダや苛性カリ)は、使用や保存方法、処分方法が大変難しい

という理由で皆様に安心して作っていただくには、
とても危険なので、当店では不採用です
よく、書籍などでコールドプロセスで作られる手作り石鹸を紹介されていますが、もし、この方法で
作られる場合は、アルカリ剤の取り扱い方をよく調べ、熟知した上で行うことが必要です。ただ、
熟成期間をしっかりおいて未反応のアルカリ剤が残っていない石鹸は安心して使えますし、
型などに流し込んで作れますので、きれいな形の石鹸ができます。

メルト・アンド・ポア法

 1)素材に使われるMPソープやクリアソープと呼ばれる透明な石鹸には合成界面活性剤などの
あまり良くないものが使われている

ということで、
当店の基準としては不採用です。(合成界面活性剤などについては、賛否両論あり、
何故不採用なのか詳しく触れませんが、合成界面活性剤を使わないというポリシーですので・・・)


リバッチ法

元々出来上がった石鹸をもう一度潰してリメイクする方法です。例えば、

コールドプロセスで作った石鹸をおろし金で擦って粉状にして、ハーブの粉と水を加えてもう一度
練って固める

といった感じで作ります。こちらは、

1)材料となる石鹸さえ合成界面活性剤などが含まれていない物を選べば良い
2)さらに製造過程で危険な材料も使うことが無い


当店の手作り石鹸材料キットで作る方法として採用しています。
ちなみに、当店の販売している手作り石鹸材料キットにセットされている石鹸(石けん素地)は、
パーム油から中和法で作られていて、防腐剤を含んでおりません。


以上の理由で、石けん素地を使ったリバッチ法で作る現在の手作り石鹸のキットになっているのです。
ただ、形作りに型を使ってもきれいに仕上がらなかったりしますが(きれいに仕上げようと思えば、
プレス機が必要です)、ものは考えようで、粘土細工の様にこねていろいろな形作りが楽しめます。
(以前、お客様の中にはトゲトゲボールの様な形に作られた方もおられました)
それも、手作りの味ということで・・・

当店の手作り石鹸キットで色々と楽しんでみてくださいね

当店の手作り石鹸材料のキットはこちらです

商品検索
キーワード

 

QR スマートフォン

 スマートフォン用 
ページ

QR 携帯

携帯用ページ 


Fluorite

Facebookページも宣伝

ネットショップ・オーナー RapidSSL Site Seal